フェミニンゾーンのケアの方法はこんなに簡単

VIOゾーンとかフェミニンゾーンとか言われる「デリケートゾーン」ですが、ちょっとした悩みがあったんです。 でも人には相談したくないし、ネットでこっそり調べていたんです。 調べてみるとわかるのですが、情報はそこそこあるのですが、実際にそのような方法は難しかったり、対策品あるけどドラッグストアでは売っていませんでしたし、効果の程も良くわかりません。 処置する場所が場所なだけにちょっと怖いんですよね。 肌があれちゃったり、かぶれてかゆくなったらどうしよう?とか。 もっと詳しいサイトがあればいいのに。。とずっと思

普通の石鹸やボディソープはダメ!正しいフェミニンゾーンの洗い方

フェミニンゾーンの洗い方ー普通の石鹸やボディソープはダメ!

f:id:hayarino:20170629211654j:plain

フェミニンゾーンはとってもデリケートな部分なのに、汚れやすく毎日きちんと洗ってあげないとニオイなどのトラブルが発生する厄介な部分ですよね。ただ、デリケートなだけに他の部分と同じように洗っていると逆効果になることも。

意外にみんな知らずにやってしまっているのが、ボディ用に使っている石鹸やボディソープでそのままフェミニンゾーンまで洗ってしまうこと。実は普通の石鹸やボディソープは、フェミニンゾーンにとっては刺激が強すぎるんですよ。特に膣内は、他の細菌が入り込まないよう善玉菌が乳酸を作り出して守ってくれているんですが、洗浄力が強く肌をアルカリ性にしてしまう普通の石鹸やボディソープを使うと、善玉菌まで殺してしまい他の細菌が侵入し放題!!なんてことになってしまう危険性があります。

だから、フェミニンゾーン専用の肌を弱酸性を保ってくれて、悪い菌だけ殺してくれる石鹸を使う必要があるんですね。個人的には、フェミニンゾーン専用のジャムウ石鹸がお勧めですね。

フェミニンゾーンの正しい洗い方

また、フェミニンゾーンを洗う時も、体を洗う時のようにゴシゴシとタオルや手でこすり洗いしてはいけません。要は、顔を洗う時と同じ、しっかり泡立てた石鹸の泡で洗うイメージです。

なかなか泡立たないなら泡立てネットなどを使いましょう。もっちりとした泡ができたら、それをフェミニンゾーンの前から後ろへ向かって当て、優しく丁寧に各部分を洗っていきます。最後にシャワーを下腹部に当てて、もう片方の手でお湯を溜め、そのお湯でキレイに洗い流しましょうね。このお湯の温度も要注意で、熱すぎないぬるま湯に調整してくださいね。

ジャウムソープで泡パック

f:id:hayarino:20170629211736j:plain

ジャムウ石鹸は、実はパックにも使えますよ。お風呂でゆっくりできる時間があるならやってみてくださいね。やり方は簡単で、まず泡立てたジャムウ石鹸の泡をフェミニンゾーンにふんわり乗せて泡で覆い、3~5分待ってから洗い流すだけ。しばらく置くことで、ジャムウ石鹸の成分が最大限に効果を発揮してくれますよ。